太陽と月のシルバーリング


スキルアップの為、金属やアクリル加工に挑戦中のrigupo(りぐぽ)でございます。

今回はシルバーリングです。

ハンドメイドアクセサリーリングを練習してみた

sterling silver ring (スターリングシルバー指輪)作ってみた。

木目金の作り方 ここに注意してね!

実は彫金道具は充実している私であります。

リングに刻印程度の道具も作る事が出来ます!

真鍮で刻印製作中です。まだまだ試作段階でございますが、真鍮でいけるんじゃない?って思っております。

金属硬度を利用して刻印する。

金属用の刻印は鉄材が多く市販されていると思います。それは硬度が高いからです。

・銀

・青銅

・黄銅(真鍮)

・鉄

表記の4金属ですが、一番柔らかい物が銀です!

銀 25HB(ブリネル硬度)

青銅 50-100HB

黄銅 (真鍮) 80-150HB

鉄 160-180HB

私はシルバー925 or 950 を使用します。

92.5% と 95% が銀の割合で、残り銅など違う金属が入っています。

シルバー925 シルバー950 と硬度違いはこの合金比率に関係しています。当然銅の割合が多ければ硬度アップします。

銀 25HB シルバー925 だともっと硬度はたかそうですね。

じゃあ 鉄で作ればいいやん(笑)って話ですが、刻印を作る工程で鉄材加工は難しい…硬すぎる(笑)

焼きなましすると出来るかも?

!?なまし!?

銀 焼きなましで加工!!

銀細工する際に一旦なましてから作業する事が多いです。それは簡単に研磨や切断が出来るようになるからです。

なまし? ? ?

なましとは?

加工硬化した金属(組織)を軟化させる事です。

柔らかくなるって事だね(笑)

注意)

銀は鉄の焼き入れ作業がなましになります!ピンク色になるまで母材(銀)を焼いたら、水で急冷します!これが銀のなまし方法です

では!いざ加工!!

(笑) 刻印失敗(笑)ちょっと細かい(笑)

再度挑戦した刻印です♬ 5mm幅で刻印作りました。

・太陽 ☀️ sun

・月 🌙 moon

silverのロゴです。フォントの関係でsilvorに見える(笑)でもsilverです♬

なましたシルバー925を使って圧延機で刻印しました。

作業性アップ!自分スタイルの作業机(作業台)を作ってみました。

作業台作ってる時に彫金道具が設置されてます。右端の道具(圧延機)で作業しました。

真鍮で綺麗に刻印する事が出来ました!

これで何本作れるかなぁ?経過観察してみます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください