黒檀(コクタン)を使用してファスナー引き手(ファスナーチャーム)を作ってみました


どーもrigupo(りぐぽ)です。最近はレザークラフトで物つくりをしております。

ファスナーを使ってコインケース (小銭入れ)を制作しておりますが、そのファスナースライダーに黒檀(コクタン)の引き手を取り付けました。

黒檀(コクタン)とは

エボニー表記で販売されていますが名称は色々とあります。

特徴は黒色と淡赤色の帯びが交互に配列し縞目を形成しています。まれに真っ黒なものもあり、それを本黒檀と言います。

非常に堅い木材で加工が困難な材質です。

比重 0.85〜1.09

水に入れる事が無いので経験がないですが黒檀の比重が1以上であれば水に沈む数字ですね!

それほど密度が高い木材です。

cncルータ(フライス盤)加工

cncとはコンピュータ数値制御の事で….ざっくりイラストを数字化して加工しましょうかな?

このようにルータがクルクル回って自動で彫刻してくれます。

黒檀のように硬く割れやすい素材でも綺麗に加工する事が可能となる機械です。

この機械でスライダーに取り付ける引き手を制作しております。

cncレーザー加工で彫刻

またもcncですが基本同じ加工方法でルータからレーザーに変わった程度で御座います(笑)

レーザーだと細かな加工も可能なので小さな彫りも比較的綺麗に仕上がります。[注意)素材やイラストの状況によります。]

写真は杉に彫刻している物です。1.5cm程度の部品ですが綺麗に加工が可能となります。

(Aパドウク木材)

ちょっとワイルドな作品に似合いそうな雰囲気の髑髏です(笑)

他にもハンドメイド作家様のロゴとか?お名前とか?出来る事があるかもしれません。現在、手探り状態でminne(ミンネ)にて販売挑戦中です。気になる方はメッセージくださいね。

黒檀って素敵ですよね♬


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください