レーザー加工機で革にイラスト描いてみました。


どーもRigupo(りぐぽ)です。スマホ1台で簡単に作業できるneje master2 20w を保有したわけですが…

NEJE Master2 20w レーザー加工機を使ってみました。

まだ作品には繁栄しておりません。そこで何が出来るか?少し作業してみました。

neje master2 ファイル拡張子

ファイル拡張子とは、ファイル種類です。ファイル名.(ドット)の次にでてきる文字です。

rigupo.jpeg

JPEG(ジェイペグ)画像ファイル形式です。皆様パソコン使用している時に、よく見かけているファイルでは無いでしょうか?

この汎用性が高いJPEG/JPGで、基本加工が可能です。

写真画像で開けない場合は、JPEGファイルに変換する事で使用可能となります!

スマートフォンに保存された写真から、加工ができてしまうから、とっても簡単♬

ちなみにInkscapeソフト対応なのでcad,camファイルからG -CODE(.nc)作成する事も可能です。

bmp、dxf、pngこちらも読み込み可能でした。

他、aiファイル形式は未対応…ちょっと残念なところですね。

neje master2 加工方法

では早速加工してみます。

白色のコピー用紙に黒ペンでイラスト描きます。

撮影(スマートフォン)

照明で影が写り込まないように注意してください。(強い影は作品に影響されます。)

これで下準備はokです♬

簡単ですね♬

レーザーでイラストを描いてみよう♬

NEJE Wireless アプリは公式ホームページでダウンロード出来ます。

NEJE ホームページ

1. 本機の電源on (アダプタープラグ繋ぎで電源on)

2.nejeアプリ起動

3.Load Imageから画像選択

4.previewボタンで加工エリア確認

5. STARTボタンで加工開始。

6.完成

簡単すぎる….

お手軽すぎてビックリだね!!

この方法で、お客様が製作したイラストや文字を指輪ケースに!! そんな事が目標です♬

木の指輪ケース(リングケース)販売

※画像サイズ・画像選択・加工設定・レンズ設定は端折りました。しかし、特に難しい事は無いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください