レーザー加工機おすすめソフトウェア


どーもRigupo(りぐぽ)です。 neje master2 20w レーザー加工機を使っていますが、さらなる上位モデルが販売されてますね。

そんなレーザー彫刻機ですが、

LightBurn ソフトウェアオススメ

以前はLightBurnは記載されていませんでしたが、上位モデルが発売されて追加されています。

LightBurn Softoare が増えていますね。そこでmaster2でも使用できるのか?検証してみた結果。

使えちゃいました‼︎

優秀です

master2 20w レーザー加工使い方

以前はg−codeが面倒で紹介もしていませんでしたが、LaserGRBL+Inkscapeでの加工方法です。とにかく面倒でオススメできん…

オススメはスマホ1台でサックと加工できるnejesoftwareだか精密加工が難しい…

簡単操作のレーザー加工機

そんな欠点を全て解決するLightBurn softwareです。

しかも、イラストレーター(Aiファイル)が使える!!

しかも、Aiデータをインポート後に加工してもサイズが同じ‼︎ (凄く嬉しい事です)

しかも、イラストレーターでベタ塗り(色つけ)をしておけば、LightBurnでレイヤされてる!

しかも、レイアウトでカットも彫刻もレーザーパワーも選び放題!!

….しかも、ばっかりでアホ。って思われちゃうけど、しかも!!なんですよ(笑)

先ず、nc加工機(numerical control machining)でg–codeって出てくると、凄く難しい…数値制御マシンだからg−codeは必要だけど、理解しようとすると難しい… 。そんな面倒な部分を表に出さず、絵柄だけで設定出来るのが理想。クリエイターさんのアイデアを簡単な設定で形に出来るソフトがとても理想だと思っていました。

それがLightBurnを使ったら…正に『これ』‼︎

LightBurn ダウンロード

30日間のトライアルがあるから、手持ちのマシンが対応できるか?お気軽に確認が出来ます。

日本語対応もされていました。

イラストレーターで描いたデータをインポートしました。簡単なシンボルマークです。

黒は塗り

赤は線

青は塗り

LightBurnにインポートしても色分けされていました。

LightBurnでは色はレイヤを表しいてます。

このレイヤは、黒 赤 青 3箇所を単独で加工設定が可能です。

モードでスキャン(彫刻)カット(切断)を選択できます。

スピード → レーザーが動くスピードですね。

最大パワー → レーザー出力%です。

間隔mm → スキャン(彫刻)する幅です。

:レイヤをダブルクリックでカット回数など詳細設定も可能です。

スタートボタンで加工開始します。

3パターンを精密加工してくれました。

シンボルマークの彫刻彫り深さが調整できてますね。彫りの深さが調整可能だから作品の幅が大きく広がりますね。

まだ2日しか使っていないですが、とても興味深くオススメなソフトです。

BMPファイルな使用して2.5dの立体加工も可能です。凄すぎる…LightBurn‼︎

機会が有ればお試しくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください