メガネでもオフロードヘルメットかぶれるよ♬


どーもrigupo(りぐぽ)です。オフロードバイクが欲しい!!いつの日か購入したい!!

って事でオフロードヘルメット買いました(笑)

オフロードヘルメットとは?

オフロード走行に特化してつくられているヘルメットです。

モトクロス競技や林道ツーリングで特に使用されます。

※特徴

:バイザー

頭部にある屋根みたいな出っ張りです。

このバイザーで降り落ちてくる泥や土を防ぎます。

降る?? って思いますよね。

モトクロス競技の場合、前方の選手が舞い上げた土(泥)や小石が舞い降りてきます。

その時にガードしてくれるのがバイザーです!!

小石が当たるとゴーグルでも危険ですよね〜♬

:チンガード

顎(あご)英語でchin(チン)です。あごガード♬

前方に突起し空間があります。その事により転倒した際に衝撃が緩和されます。

モトクロス競技など転倒する場面は多々ありますよね?怪我しにように考慮されているのですね♬

しかも、このチンガードは通気性が良い構造です。

それは、激しすぎるモトクロス競技!酸素を多く取れるように考慮されています。すごいねー♬ かっこいいねー♬

そんな素敵なオフロードヘルメット♬

でも…メガネだとゴーグル出来ないですよね!

でも、実はメガネ対応のゴーグルって多く販売されているんです!


早速購入♬

確かにメガネがあっても装着できるようにサイズが大きく出来ています。

メガネ非対応(表記無しの通常品)

当然メガネが入りません。

下がメガネ対応品、大きく出来てますね。

それでは、早速装着♬

…….あれ? ??

………….

………….

フルフェイスはメガネかけたままだとかぶれない….ですよね(笑)

1.ヘルメット装着

2.メガネ装着

3.ゴーグル装着

手順は上記でしょうか?

ヘルメットかぶったままではゴーグル難しいですね…

しかもモトクロスヘルメットの特徴的なバイザー&チンガードの突起!!これでは仮にオデコとかに引っ掛けて装着する方法は無理(笑)当然チンガード部分も無理(笑)

そこで色々調べたらこんなメガネがありました!!

ゴーグル専用メガネ

ゴーグル内部に取り付け出来るメガネです。

ゴーグル専用メガネで販売されています。

レンズ無しで販売されており、自らメガネ屋さんに持ち込んでレンズ装着してもらう必要があります。

レンズ無しの状態ですから、計測はメガネ自体となります。お店によってはNGとかあるかもしれませんね。

私の場合は、数回計測して頂きトータル¥5000で完成しました。

通常のゴーグルでも問題無く装着可能。走行していてもズレる事はありませんでした!上下でしっかり固定される仕組みです。

こっちはメガネ専用ゴーグルです。ゴーグル内部は大きめに作られていますがズレる事はありませんでした!ミラータイプだし外観ではメガネはバレないです♬

ミラーじゃないと…ちょっと違和感満載かも(笑)

まとめ

個人的な意見ですが、オフロードヘルメットの場合はメガネ対応のゴーグルでも装着困難です。

(時間さえかければ装着可能だし、人に手伝って頂くとかも方法だと思います。しかし、個人的に無理かと判断しました。)

ゴーグル専用メガネの方が便利でした♬


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください