バイクタンクの塗料剥がれ修理


どーもrigupo(りぐぽ)です。下記リンクの作業をしていたタンクですが、ボチボチ修理しようかな?って思いまして…

天気の良い日曜日に、ふと、作業しました。

yb125sp カフェレーサータンク交換

バイクタンクにペイント!!でもロゴ間違える…!?

バイクタンクはウレタン樹脂塗料スプレーで!!

今まで作業してきた流れで、改善点があります。『ここ!!こうした方がいいんじゃない?』『これ、タメだったな…』そんなところを振り返りながら作業しまーす。

先ず塗料ですね♬

今まで使用してきたスプレーが高耐久ラッカースプレーのマットブラック(つや消し)!!。

燃料もれによって、塗料剥離が発生してしまいました。

『このスプレーダメなの?』

いえいえ!そんな事はございません。こちらスプレーは、塗料が垂れにくく、ムラが少ない!とても使いやすいスプレーです!

私は、DIYでも大活躍しています。塗料粘度が凄くバランス良い♬ 価格も下がってきたから凄く嬉しい♬

でも、ガソリン付着にはむいてませんでした。

そこで、皆様お勧めしているのが、ウレタン塗料スプレーですね。

強い!!傷が付きにくい!!そんな特徴があるウレタン塗料スプレーです。

ウレタン? シリコン? アクリル? 樹脂塗料を調べると色々出てきます。

なんぞや???

耐久年数調べると、フッ素樹脂塗料(20年)シリコン樹脂(15年)ウレタン樹脂(10年)アクリル樹脂(5年)

先程、紹介した高耐久ラッカースプレーはシリコン変性アクリル樹脂だそうです。

高耐久スプレーは決してお安いアクリル樹脂では無いです。(アクリル樹脂にシリコン成分をプラスした物)

ウレタン樹脂より良いのでは? 今でも思います。

でも、耐油性がウレタンスプレーの方が高い???

シリコン系は可塑剤で柔らかくなるから…油系と混ざり合う????

… よくわからん… とにかく(笑)下記で進めることにしました♬

2液型ウレタンス樹脂スプレーを使用します。耐衝撃性、耐摩耗性に優れる♬だそうです。

2液型ウレタン樹脂スプレーの使い方

2液型とは

主剤(塗料液)と硬化剤(樹脂)で混合される塗料です。わかりやすく言えば、自動車のボディで使用されている塗料です。硬化剤で耐久性がアップします♬

しかし、デメリットもあります。

混合後は保存が不可能です。お使いのスプレー缶に記載されていますから、しっかりご確認下さい!!(約12時間ほど)

塗料硬化後に再塗装すると、歪み(縮み)が発生する。こちらスプレー缶に記載があります。

乾燥後に再塗装は不可能です。


ここから、下準備です。

塗料剥がれ部分の研磨。

塗料が剥がれてしまった部分は段差が発生しています。この段差はスプレーした所で変化は無いです。同色になりますが、凹凸で陰影ができ目立つ!!!

しっかり研磨してフラットにします。

あとは塗料乗りが良くなるように、ペーパーヤスリで全体ゴシゴシ♬

手抜きしたい部分ですが、仕上げに影響あるからしっかり磨いた方がよろしい♬ 私、ちょいちょいやらかしてます(笑)

ペーパーヤスリかけて燃料給油口をテープでとめた写真です。

決してオススメしませんが、ネイルのリムーバー液をしみこめせて塗料を柔らかくしてフラットしてます(笑)オススメしません

時間短縮の為、リムーバーで塗料を伸ばして→ペーパー研磨です。

何度も言いますが、オススメしません(笑)

写真の状態から、高耐久スプレーマットブラックを塗装していました。→ 乾燥後に2液型ウレタンコートスプレー(クリアー)をスプレーするつもりで準備♬

硬化後→バフ→ヤマハ誤記入文字をカッティングシート入れる。

これが狙いでしたが…..

2液型塗料は主剤と硬化剤を混ぜ合わせてから使用します。スプレー缶(下部)のピンを押し込む事で、混合が開始され、30分後には使用可能となります。

ピンをサックとコンクリートに打ちつけ混合。そこで気がつく…

『あれ?』

『つや消し黒』…

『嘘やん』『マットブラックやん』

…ウレタンコートスプレー(クリアー)と間違ってマットブラックの2液型ウレタンスプレーを混合させた…

毎度、お馬鹿な私です。

ここからは、パニックです(笑)

すでにマットブラック塗装してあるし…

『何を塗装しよう?』

あれこれ物色して、ホスクリーンにしました(笑)屋外ベランダ物干しを設置

ウレタンスプレーの方が硬化後は柔軟性があり対衝撃に強い!!

ホスクリーンにピッタリじゃない?

急ぎ取り外したホスクリーン(笑)

塗装♬

塗装♬

3回ほど塗装しました。薄く吹き付けて全体を塗装してます。タンク下(フレーム入る部分)に土台を置いて、ちょっと持ちあげている状態です。

薄く吹き付けながら(1方後で噴射)垂れない程度まで塗装 → しばし乾燥(10分弱)表面乾燥後 → 2回目(1回目の作業) →しばし乾燥(10分弱)表面乾燥後 → 3回目(1回目の作業) → 24時間放置 → 完全硬化後 → タンク取り付け

タンク設置♬

タンク完全硬化(24時間)するまで洗車してた♬

タンク外した時にしか掃除出来ない場所もあるから、チャンスある時は掃除しないとね〜

ちょいちょ出てくる。ホスクリーン様♬

焦ってたしベースの面付けパーツ塗装忘れた…

シンプル♬

グルグル回って最初に戻った♬

2液型ウレタン樹脂スプレー感想

初めて、2液型混合タイプを使用しましたが、適切な量をピン押しだけで混合出来るから、とっても簡単です。

肝心の塗り心地ですが、粘度も適切で垂れにくいですね。

低粘度だと液ダレしやすい。低価格のアクリルラッカー(100円ショップ)等で販売されてる塗料は液ダレしやすい。

そこが難しいところですよね〜

価格は安くても、塗りが難しいと結果的に汚い(笑)

流石は、値段相応の塗りごごちでした♬

スプレー缶に表記内容通り、硬化時間や重ね塗りのタイミングに関しては縛りがありますね。

しかし、硬化後に表面保護膜が形成され強度アップするからメリットでもあります。

マットブラックの為、硬化した際の縮み歪みに関しては確認できませんが、クリアー塗装の際は注意が必要かな!?って思います。2液型ウレタン樹脂スプレーのレビューで歪んで汚くなった等の記入は、ここら辺の影響かな?って感じがしました♬

強度を求める方には、オススメできる塗装スプレーですよ!塗りやすいです!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください